新着情報 news

2016/03/30

リリース「世界 11 億人が使う『WeChat(微信)』の日本企業公式アカウント発行サービス開始」

国内公式パートナーFJ Solutions(エフジェイソリューションズ)を通じて、
日本企業の直接名義による WeChat アカウント取得が可能に

FJ Solutions 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上勉、以下 FJS)は、中国インターネットサービス大手、腾讯(騰訊/Tengxun)控股有限公司(本社:中国広東省深圳、CEO:馬化騰、以下テンセント)が運営する無料インスタントメッセンジャーアプリ『WeChat(微信:ウィーチャット)』における公式アカウント申請パートナーとして、日本企業の WeChat 公式アカウント取得サービスを2016 年 4 月 1 日より開始いたします。
これにより、これまで中国企業による代理申請で他社名義の WeChat アカウントを取得していた日本企業は、直接名義による企業公式アカウントの取得が可能になります。

WeChat 公式アカウント申請パートナー
FJ Solutions(エフジェイソリューションズ):http://www.fj-solutions.co.jp/

WeChat とは

2011 年 1 月にサービスを開始した WeChat(微信:ウィーチャット)は、中国インターネット大手テンセントが運営するチャットアプリで、登録ユーザー数は 11 億 2,000万人、月間アクティブユーザー数は 4 億 4,000 万人(2015 年 2 月現在)に達しています。
メッセンジャー機能とソーシャル・ネットワーキング・サービス機能の融合が特徴で、友達同士のテキストチャットや音声チャットとして利用されるほか、友達に情報をシェアする『モーメンツ』という機能では 1 日平均 30 億もの投稿が行われており、情報共有の場としても活発な活動が繰り広げられています。
近年、日本国内においてもインバウンドプロモーション(訪日外国人誘致のための広報活動)の重要メディアとして注目を集めているサービスです。

日本での WeChat 公式アカウント取得サービス開始

WeChatの特徴

WeChat は現在 20 以上の言語版があり、200 の国と地域をカバーしています。しかしこれまでは、中国に現地法人を持たない外国企業が同アプリ上に公式アカウントを作ることができませんでした。中国では約 850 万もの企業や団体が企業認知向上のツールとしてアカウントを利用していますが、日系企業はわずか 50 社程度に留まっています。その中には中国広告代理店による代理名義で取得しているケースも多く、他人アカウントの利用を余儀なくされる日本企業が多く存在している状態です。
この度、日本企業の直接名義による WeChat アカウントの取得が可能となるほか、『モーメンツ』上に広告を出稿するサービスを開始いたします。同時に FJS では、運用を代行するサービスやページ訪問者を分析するサービスを提供し、日本企業のインバウンド対策を支援いたします。2016 年中に日本企業 50社の公式アカウント発行を見込んでいます。

<中国企業によるアカウント代理申請の場合>
  • アカウント所有名義は中国企業となります。
  • 他人名義のアカウントであるため、WeChat の提供する公式広告サービスの利用も難しく、露出機会を増やせないという問題もあります。
  • 順調にフォロワー数が増えた時点でアカウントが乗っ取られるリスクがあります。
  • 高額な利用料を請求されるリスクがあります。
<FJS を通じて公式アカウント申請をされた場合>
  • 日本国内における WeChat 公式アカウント申請パートナーなので、日本企業としてのWeChat 公式アカウントの取得が可能。
  • お申込み企業様名義での取得となりますので、安心してアカウントをご利用いただけます。

日本企業の WeChat 活用イメージ

多くの中国人は、情報収集や幅広い情報共有は Weibo(微博:ウェイボー)、親しい友人とのコミュニケーションは WeChat というように、日本人と同じく日常的に SNS を使い分けています。「訪日前に Weiboで情報収集し、WeChat で連絡を取り合い、訪日後は両方のメディアで情報を共有・拡散する」という訪日中国人の SNS 利用パターンを理解し、正しい環境整備を行うことが重要です。
中国人ユーザーとの接触機会が少ない日本企業の場合、企業版 Weibo アカウントを使って不特定多数のユーザーへ幅広く情報発信したり、店内 POP から訪日中国人や在日中国人を WeChat へ誘導しコアなファンを獲得たりと、アカウント情報を認知してもらうための対策を施す必要があります。FJS ではこのように量・質ともに充実の施策導入をサポートし、早い段階でのファンの囲い込みを実現します。

Weibo 企業活用イメージ 不特定多数にチラシを撒く WeChat/Weixin 企業活用イメージ 特定ユーザーを会員化する
社交的交流140文字以内の情報を
不特定多数のユーザーに対して情報発信が可能。
閉鎖的交流基本フォロワーまたは特定のユーザーに
対して情報を発信する。
多数対多数1発信した情報のコメントを公開し、
同時に多数のユーザー同士で交流が可能。
1対1、1対多数WeChat/Weixinは電話番号と連動しているため、
IDの重要性が高く、
不特定多数のユーザーと交流することができない。
非対等1情報の大量発信を目的としているため、
頻度多く情報発信することが可能。
対等双方の同意を得た上で情報発信するため、
情報が届く確立が高い。
Weiboで情報収集、WeChat/Weixinで親しい友達とシェア[ユーザーがよく使う機能][ユーザーがよく使う機能] [ユーザーがよく使う機能][ユーザーがよく使う機能]

Source:CNNIC

FJ Solutions について

FJS は、「無理のない中国進出」をテーマに様々なソリューションをご提案しています。
中国国内のソーシャルメディア市場は非常に特殊で、日本国内では馴染み深いサービスも、中国では使用できないということも少なくありません。そんな中、多くの中国人ユーザーに支持されているソーシャルメディアが Weibo と WeChat です。Weibo は 5 億 6,000 万会員、WeChat は 11 億 2,000 万会員。ともに 20 代~30 代の購買力の高いユーザーが非常に多く利用しているサービスですが、Weibo に登録する日本企業はわずかに 700 社、WeChat に至っては数える程度と、まだまだ確立されていない市場のため、数多くのチャンスが眠っています。2020 年には 750 万人以上といわれる中国人インバウンドによる口コミ効果とブランディング。これらを活用することで、大きなコストをかけずに、無理なく中国進出の足掛かりを作ることが可能です。

<会社概要>
社名: FJ Solutions 株式会社
代表取締役社長: 井上 勉
住所: 〒160-0022 新宿区新宿 6 丁目 29 番 8 号 フクチビル 4F
設立: 2012 年 5 月 11 日
資本金: 17,050 千円
事業内容: Weibo(微博:ウェイボー)プロモーション事業、WeChat(微信:ウィーチャット)プロモ ーション事業
URL: http://www.fj-solutions.co.jp/