お役立ち情報

モバイルオーダーが人気沸騰!今さら聞けない知識を解説

ファストフード店や焼肉店、カフェなどで、事前にスマホでオーダーして店舗で商品を受け取る「モバイルオーダー」に人気が集まっています。もともと新型コロナウイルス感染拡大以前から注目されていましたが、感染対策にもなることから、より一層注目を集めています。
そこで今回は、モバイルオーダーの基本やメリット、導入方法をご紹介します。

モバイルオーダーとは?

飲食店におけるモバイルオーダーとは、お店に行く前に自分のスマートフォンでお店の専用アプリなどを利用して、事前にメニューを注文するシステムのことです。

注文したときにスマホ上で決済を終えるタイプもあれば、お店でお金を払うタイプもあります。また、注文は店内飲食のみ、もしくは店内飲食とテイクアウトどちらかを選べるというタイプもあります。これらのタイプについては、お店によってさまざまです。いずれにしても、スマートフォンから事前にオーダーするしくみのことを、モバイルオーダーととらえましょう。

例えば、世界的に有名ファストフード店がモバイルオーダーを実施していることが広く知られていますが、このお店では注文から支払いまですべてスマホで完結できます。さらに、店内で飲食する場合は、カウンターで受け取るだけでなく、テーブルで受け取ることのできるサービスもあります。

モバイルオーダーのメリット

モバイルオーダーは、スマホ時代、キャッシュレス決済時代、そしてニューノーマル時代に適した仕組みです。具体的に、導入した飲食店にとってどのようなメリットが期待できるのかをご紹介します。

2-1.非接触・非対面

従来、店員が行っていた「オーダーを取る」行為を、お客様が自らのスマホで行うということで、非接触・非対面で安全に接客ができます。

2-2.ホール業務の負荷が激減

レストランの場合、オーダーの工程がなくなるため、モバイルオーダーはホール業務の負荷を激減させるといわれます。事前決済を行うタイプにすれば、会計業務も不要になることから、業務効率化につながります。

2-3.コスト削減

ホールスタッフの負荷が減れば人数を削減できるので、コスト削減につながります。また、オーダーの取り違えもなくなるので、食品ロスも軽減できます。

2-4.集客・売上アップ

モバイルオーダーは、お客様が好きなタイミングで注文し、受け取りできるため、お客様の利便性が向上することから、利用が増すと考えられます。来店客数が伸びれば、売上アップも期待できます。

モバイルオーダーの導入方法

モバイルオーダーは、今まさに飲食店にとって導入する良いタイミングといえます。どのようにすれば導入できるのか、その大まかな流れを見ていきましょう。

3-1.サービス契約

モバイルオーダーは、そのシステムを提供している業者と契約して始めるのが一般的です。適したサービスを選んで契約します。

3-2.メニュー情報・画像の提出

モバイルオーダーのアプリなどに掲載するメニューの情報や画像を提出します。

3-3.設定

たいていの場合、業者のほうでページの設定を行ってくれます。

3-4.店舗への機器設置・操作レクチャーを受ける

店舗に専用機器を設置する必要があるため、その機器を設置しつつ、操作のレクチャーを受けます。

3-5.運用開始

テストオーダーを行い問題なければ、運用開始です。

この流れはあくまで一般的なものであるため、実際の流れは各サービス業者に確認しましょう。

まとめ

飲食店にとって、モバイルオーダーはメリットが大きいしくみです。コロナ禍では感染対策になる上に、アフターコロナにおいてもそのメリットは数多く期待できます。
マーケティングに強い、「飲食店向け テイクアウト・デリバリー導入・運用支援サービス」もありますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

テイクアウト・デリバリーを活用した
集客のご提案

JC Connectが提供するテイクアウト・デリバリーと、
非接触型の接客支援パッケージをまとめてご紹介。
各種サービスの料金もご確認いただけます。

テイクアウトデリバ有りーを活用した集客をご提案

資料の主な内容

  • ●会社情報
  • ●出前館をはじめとする、各種テイクアウト・デリバリーのご紹介
  • ●日本国内のキャッシュレス導入割合
  • ●非接触型接客ツールのご紹介
  • ●オリジナルチラシの制作について
  • ●掲載条件・料金

お役立ち記事