お役立ち情報

飲食店がメニューをレトルト化する方法

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、人々はテイクアウトや内食へとシフトして、食そのものを楽しむ場所が変化しています。そのような中、ランチ営業だけではなかなか売上を補填できない飲食店が、メニューのレトルト化を行い、成功しています。
そこで今回は、飲食店がメニューをレトルト化することの可能性と共に、レトルト化して成功した事例や、レトルト化を行うための方法をご紹介します。

飲食店がメニューをレトルト化することの可能性

現在、テイクアウトや内食需要の高まりから、飲食店はメニューを商品化する絶好の機会です。

実際、飲食店は、コロナ禍において時短営業要請を受けるなどして売上が低迷する中、メニューをレトルト化してテイクアウトやECでのパッケージ販売を始めています。

飲食店が普段出しているメニューをレトルト化して提供することにより、感染予防のために飲食店に行きたくても行けない人たちが、自宅で温めるだけで手軽にお店の味を楽しめるようになります。飲食店側も、お客様に変わらない味を提供できるのは嬉しいポイントです。売上補填にもなるでしょう。
また、来客数が減ったことで食品ロスが起きる場合に、レトルト化しておくことで長期保存も可能となり、食品ロスを防ぐことにもつながります。

飲食店がメニューをレトルト化した事例

イメージを具体的にするために、実際にメニューをレトルト化した事例をご紹介します。

2-1.売上が半分以下に!看板メニューを「レトルト食品」にして販売

あるカレー専門の飲食店は、コロナの影響で店の売上は例年の半分以下にまで落ち込みました。それを受け、看板メニューのカレーをレトルト化し、商品化しました。店頭での販売だけでなく、インターネットで販売を始めたため、どんどん売れていきました。

2-2.贈答品としてのニーズも満たす!レトルト鍋セットを販売

あるすっぽん料理店は、お客さんからの要望を受け、お店の看板メニューであり、伝統的な味のすっぽん鍋をレトルト化しました。味も香りも遜色ないといいます。
お店に行きたくても行けないお客さんに喜ばれたのはもちろん、人に贈りたいというニーズもあり、お歳暮などの贈答品としても重宝されました。

飲食店がお店のメニューをレトルト化することは、インターネットでの販売やテイクアウトなどの売上が期待できるほか、お客さんからは「自宅でお店の味が楽しめる」という大きなメリットを満たす画期的な方法といえます。

飲食店がメニューをレトルト化するには?

飲食店が、自店舗のメニューをレトルト化するためには、どうすればいいのでしょうか。簡単な流れを見ていきましょう。

●企画・開発
ターゲットやレトルト化するメニュー、コンセプトなど企画をして開発をしていきます。

●保健所に相談する
通常、メニューをレトルト化して販売する場合、作るものに応じた製造業の許可が必要になることがあります。例えば、そうざい製造業、食肉製品製造業などです。ケースによって異なりますので、保健所に相談しましょう。

●味の再現にはこだわる
レトルト加工の際には、いかに普段提供しているメニューの味を再現できるかが重要となります。何度も試作を重ね、「これなら販売できる」というレベルにまでこだわりましょう。

●OEMに製造を依頼することも可能
レトルト化するにはレトルト加工する機器などが必要になります。自社で用意できないことも多いため、レトルト加工のできるOEM業者に依頼することも可能です。その場合、小ロットから受けてくれる業者を選ぶとよいでしょう。

まとめ

飲食店がメニューをレトルト化することは、店にとってもお客様にとってもメリットのある有益な方法です。ぜひこだわって作り、お店の味を自宅で味わってもらえるようにしたいものです。

また、マーケティングに強い、「飲食店向け テイクアウト・デリバリー導入・運用支援サービス」もありますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

テイクアウト・デリバリーを活用した
集客のご提案

JC Connectが提供するテイクアウト・デリバリーと、
非接触型の接客支援パッケージをまとめてご紹介。
各種サービスの料金もご確認いただけます。

テイクアウトデリバ有りーを活用した集客をご提案

資料の主な内容

  • ●会社情報
  • ●出前館をはじめとする、各種テイクアウト・デリバリーのご紹介
  • ●日本国内のキャッシュレス導入割合
  • ●非接触型接客ツールのご紹介
  • ●オリジナルチラシの制作について
  • ●掲載条件・料金

お役立ち記事