お役立ち情報

コロナ禍で飲食店の需要が拡大するITツール。補助金活用で導入できるものは?

新型コロナウイルス感染症拡大により、飲食店で感染対策や効率化にもつながるITツールの需要が増しています。しかしコスト的になかなか簡単には導入できないという課題もあるのではないでしょうか。そんな飲食店におすすめなのが、補助金の活用です。
そこで今回は、そのITツール導入の助けになるIT導入補助金について解説します。

飲食店で導入されているITツールの種類

近年、多くの飲食店ではITツールの導入が進んでいます。その種類は多岐に渡るため、どのような種類が導入されているのか代表的なものを確認しておきましょう。

1-1.POSレジ・人気メニューなどの情報管理系

POSレジとは、POS=Points of Salesが可能なレジという意味で、会計を行うのと同時に情報を記録し、売れ筋商品の把握や在庫管理などの情報管理が可能なレジのことをいいます。チェーン店などでは、会計と同時に複数店舗で情報を統合できます。データ時代の今、人気メニューや顧客情報が把握できる便利なITツールの一つといえます。

1-2.セルフオーダーシステム系

スマートフォンやタブレット端末などからお客様自身がオーダーを行うセルフオーダーシステムは、コロナ禍を受けた感染予防策としての無人化に役立つため、導入が進んでいます。

1-3.会計システム系

飲食店でも会計システムの利用が進んでいます。クラウド環境で利用できるものや、パッケージを購入してPCにインストールして利用するものがあります。

他にもさまざまなITツールが、飲食店で導入されています。

【関連コラム】
>飲食店で使えるキャッシュレス決済サービスとは?

ITツールに補助金が活用できるIT導入補助金とは

ITツールは業務効率化や感染予防策、集客等に役立ちますが、いざ導入しようと考えたときに、コスト面で余裕がないというケースも多いのではないでしょうか。そんなケースで知っておきたいのが「IT導入補助金」です。

2-1.IT導入補助金とは?

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者などが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。経済産業省のもとで毎年実施されており、2021年は通常枠のほか、コロナ禍の影響を受け、低感染リスク型ビジネス枠が創設されています。
どんなITツールでも補助されるわけではなく、ITツール導入支援事業者が事前に事務局へ登録申請を行い、外部審査委員会等の審査を経て事務局に登録されたもののみとなります。

2-2.IT導入補助金で補助される金額

IT導入補助金2021年の通常枠では、ITツール導入費用の1/2、最大450万円が補助されます。また低感染リスク型ビジネス枠は補助率が最大2/3、最大450万円が補助されるのに加えて、PC・タブレット等のハードウェアのレンタル費用も補助対象となります。

IT導入補助金利用でどんなITツールが導入できる?

IT導入補助金を利用することで、どのようなITツールが導入できるのでしょうか。
具体的に、IT導入補助金で利用できるITツールの種類と、期待できる公開をご紹介します。

3-1.セルフオーダーシステム

例えばテーブルに備え、お客様が自らタブレットなどを操作して注文できるようになっているのを見かけるでしょう。これがセルフオーダーシステムです。このセルフオーダーシステムを導入することで、テーブルに注文を聞きに行く接客スタッフのリソースを削減することができますし、接客スタッフとの対面の機会が減るため、感染予防にもつながります。
オーダー情報が蓄積されるため、お客様の注文の傾向などの分析が可能となり、マーケティングなどに役立ちます。

3-2.在庫管理・財務会計システム

在庫管理や財務会計を行うことのできるシステムを導入することで、業務が効率化します。例えば在庫管理システムを利用すれば在庫管理の確率が上がるため、食材のロスが減るなどのメリットが期待できます。会計システムを導入すれば、会計が効率化するほか、売上管理も可能となり、マーケティングに役立てることもできるでしょう。

3-3.チャットボット

飲食店の公式ホームページやLINEにチャットボットを設置し、お客様からのお問い合わせに自動対応します。これによりお問い合わせ対応業務の削減につながったり、LINEではクーポンの配布なども可能となるため、来店促進につながったりします。

【関連コラム】
>飲食店で使えるキャッシュレス決済サービスとは?

まとめ

飲食店におけるITツールの導入は、業務効率化や集客・マーケティング、感染対策などさまざまなメリットがあります。IT導入補助金の出るITツールであれば、導入しやすいといえます。ITツールを導入したいものの、ハードルが高いと感じている方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

また、マーケティングに強い、「飲食店向け テイクアウト・デリバリー導入・運用支援サービス」もありますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

テイクアウト・デリバリーを活用した
集客のご提案

JC Connectが提供するテイクアウト・デリバリーと、
非接触型の接客支援パッケージをまとめてご紹介。
各種サービスの料金もご確認いただけます。

テイクアウトデリバ有りーを活用した集客をご提案

資料の主な内容

  • ●会社情報
  • ●出前館をはじめとする、各種テイクアウト・デリバリーのご紹介
  • ●日本国内のキャッシュレス導入割合
  • ●非接触型接客ツールのご紹介
  • ●オリジナルチラシの制作について
  • ●掲載条件・料金

お役立ち記事