お役立ち情報

意外と難しいデリバリーサービスの運用

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、デリバリーを始めたいと考えている飲食店も多いでしょう。デリバリーを始めるといっても、自社で行う方法やデリバリー代行サービスに依頼する方法などさまざまです。その中でも、デリバリー代行サービスに登録するのが最も効率的な方法として注目されています。しかし、運用はいずれも難しいといわれており、何か効率的な方法を見つける必要があるでしょう。そこで今回は、デリバリーサービスを提供する際の運用方法や、効率的な方法をご紹介します。

デリバリーサービスを行う方法

飲食店がデリバリーサービスを行うには、さまざまな方法があります。その中でも代表的な3つの方法を知っておきましょう。

1-1.自店ですべて行う(電話・メール注文受付)

自店で配達も対応もすべて行う方法です。昔ながらの出前の感覚で、電話やメールでの注文を受けてから、自店の手の空いたスタッフや配達専門スタッフが配達を行います。この方法は、小さい店舗や注文数が少ない場合には可能ですが、それ以外の場合には実現は難しいでしょう。

1-2.自店ですべて行う(ECサイトからの注文受付・スマホ決済利用)

自店ですべて行う方法は、もう一つあります。ECサイトを構築し、そこでお客様に注文・決済を行ってもらうか、スマホ決済を導入して何らかの方法で注文してもらった後でお客様に決済を行ってもらう方法です。これもECサイト構築などの知識のある人材がいれば可能ですが、最もハードルが高い方法といえます。

1-3.テイクアウト・デリバリー増加率

いわゆる「Uber Eats」や「出前館」、「menu」などのデリバリー代行サービスに登録し、配達から決済まで一手に任せる方法です。初期登録料と月額料金、配送手数料を支払うことで利用できます。デリバリー代行サービスでは、配達や決済の手配は不要な上に、料理の写真撮影やメニュー掲載、宣伝・集客なども行ってくれるところもあるため、任せられる業務は多いです。
ただし、現在はサービス業者が多く選定が難しい上に、運用も初めての場合になかなか慣れないものです。その場合には、飲食店向けのテイクアウト・デリバリー導入・運用支援サービスといったサービスを利用するのも一つの方法です。

【関連コラム】
>飲食店がテイクアウト・デリバリーサービスを始めるポイントとは
>飲食店のデリバリーサービス開始までの流れをご紹介!
>テイクアウト・デリバリーサービスを始めるには申請・許可が必要?

デリバリーサービスの運用方法

デリバリーサービスを上記のいずれの方法で実施する場合も、運用するには、さまざまな業務が発生します。その主な運用方法をご紹介します。

2-1.店舗のオペレーション調整

デリバリーを実施すると、実店舗の注文にプラスして注文が入ってくるため、オペレーションの調整が必要になります。デリバリーの注文が多い時間帯を把握できるまでは戸惑うことも多いため、運用しながらシフトなどの人員調整などを行っていく必要があります。

2-2.配達トラブル対応のルール化

デリバリーとなればどうしても「料理が冷めていた」「盛り付けがくずれていた」などのご意見をお客様からいただくことがあります。そうした配達トラブルが起きたときにどのように対応するかを明確に決めておくと安心です。

2-3.料理写真を撮影する

料理写真は、注文数を決める重要なポイントとなります。画質の良さや、プロによる撮影で美味しそうに見せるなど、工夫が必要となります。

2-4.宣伝をする

デリバリーの宣伝活動は常日頃から公式ホームページやSNS、店内POPやポスター、チラシ配布などさまざまな方法を駆使して行うことで、集客につながります。

2-5.食材在庫・消耗品在庫の管理を徹底する

デリバリーでは、容器などの発注や在庫管理はしっかりと行っておく必要があります。ロスが出ないよう、棚卸を定期的に行うことも大切です。

2-6.デリバリーする人材の確保や教育

デリバリーするスタッフを自社で用意するのには採用や教育が必要になることが多いです。もしそうした時間的、コスト的な余裕がない場合には、デリバリー代行サービスを活用しましょう。

【関連コラム】
>飲食店の店舗集客はまずはデリバリーから?

デリバリー代行サービスを利用するメリット

もしデリバリーサービスを始める際に、運用について不安がある場合には、デリバリー代行サービスに登録するほうが手間がかからないのは事実です。そこで、デリバリー代行サービスを利用するメリットを一通り確認しておきましょう。

3-1.初期投資を抑えて始められる

デリバリー代行サービスを利用することで、配達スタッフの確保や、配達に必要なバイクやバッグなどの設備の投資や準備の必要がないため、初期のコストと労力を抑えることが可能です。

3-2.ピークタイムのデリバリー注文に対応しやすい

ランチタイムなどのピークタイムにデリバリー注文が入ると、調理はなんとかできても配達スタッフまで必要になるときつい、ということもあるでしょう。その点、代行サービスに委託すれば、店で調理さえできればあとは代行サービス所属の配達スタッフに渡すだけなので、ピークタイムに対応しやすいといえます。

3-3.写真撮影や販促活動を代行してくれることも

デリバリー代行サービスは不慣れな料理写真撮影や販促活動を代行してくれることもあるため、撮影や販促の知識や経験がない場合に便利といえます。

【関連コラム】
>飲食店の店舗集客はまずはデリバリーから?

まとめ

デリバリーサービスの運用方法をご紹介してきました。運用はやることが多く、なかなか自店だけでは簡単にはいかないという場合に、デリバリー代行サービスは利用の価値があります。
しかし、現在は選択肢も多く、運用も難しく感じることもあるでしょう。その場合には、マーケティングに強い、「飲食店向け テイクアウト・デリバリー導入・運用支援サービス」もありますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

テイクアウト・デリバリーを活用した
集客のご提案

JC Connectが提供するテイクアウト・デリバリーと、
非接触型の接客支援パッケージをまとめてご紹介。
各種サービスの料金もご確認いただけます。

テイクアウトデリバ有りーを活用した集客をご提案

資料の主な内容

  • ●会社情報
  • ●出前館をはじめとする、各種テイクアウト・デリバリーのご紹介
  • ●日本国内のキャッシュレス導入割合
  • ●非接触型接客ツールのご紹介
  • ●オリジナルチラシの制作について
  • ●掲載条件・料金

お役立ち記事