お役立ち情報

飲食店のデリバリーサービス開始までの流れをご紹介!

「うちもデリバリーを始めようか」と検討している飲食店も多いのではないでしょうか。コロナ禍の影響を受け、外食産業が多きなダメージを受けています。店舗の存続のために何らかの新規サービスで売上を補填したい、既存顧客の満足度を高めたい、新規顧客獲得をしたいなどの課題を解決する一つの手段が、出前館のようなデリバリーサービスの導入です。
そこで今回は、デリバリーサービスを開始するまでの一般的な流れをご紹介します。

飲食店がデリバリーサービスを開始するまでの流れ

一般消費者が宅配サービスを利用する際には、専用アプリをダウンロードし、注文するだけですが、飲食店が新たにデリバリーサービスを始める場合に、どのような手順を踏めば良いのでしょうか。ここでは一般的な手順をご紹介します。順番は必ずしもこの通りとは限りませんので、ケースバイケースで対応してください。

1-1.店舗オペレーションの策定・メニューの考案

デリバリー注文が入ったときに、店舗での対応はどうするかを具体的に決める店舗オペレーションを検討します。店舗注文とデリバリー注文を担当するスタッフを分けるのか、それとも分けずにその都度、臨機応変に対応するのかなど、営業に支障がでないよう決めておく必要があります。またデリバリーのメニューもしっかりと決めておきましょう。

1-2.届出が必要な場合は申請する

飲食店は、すでに営業許可を得ていて、新たにデリバリーを始める場合に、店内と同様のメニューをデリバリーするときには特別な資格や届出は必要ないといわれています。
ただしケースによっては届出が必要になる場合もありますので、詳細は必ず管轄の保健所に問い合わせをして確認しておきます。

1-3.表示が必要な場合には準備する

デリバリー商品に貼付する表示シールの内容も、規定通りに表示するためには準備する必要があります。表示ルールについても保健所に確認しておくと良いでしょう。

1-4.衛生面の管理方法を決める

デリバリーは、調理してからお客様が飲食するまでにタイムラグがあります。また、容器の取り扱いなどの衛生面には特に気を使う必要があります。しっかりと衛生管理方法を決めておき、管理体制を整えておきます。

1-5.デリバリー用の容器を準備する

デリバリー用の使い捨て容器や、スプーンやフォーク、箸、おしぼり、袋などの必要な品を揃えておきます。早めに発注しておきましょう。

1-6.配達エリアを決定する

店舗からどの地域まで配達するのかを決めておく必要があります。デリバリーは注文を受けてからおおよそ30-40分ほどで配達されるのが一般的なので、調理の時間を含めて、店舗から配達スタッフが届ける時間は片道15分圏内までにするのがよいといわれています。

1-7.配達を行う人材の確保・教育

自店のスタッフがデリバリーを行う場合は、配達スタッフの採用や準備、教育などが必要になります。店舗の営業も同時に行えるように、ピークタイムを加味した人員配置を検討するのをおすすめします。「Uber Eats」などのデリバリー代行サービスに登録するのも一つの方法です。

1-8.お客様の個人情報の取り扱いについて検討

デリバリーサービスでは、お届けするお客様の住所や氏名、電話番号などの個人情報を取得することになるため、法に準拠した対応が求められます。個人情報管理のルールを決め、プライバシーポリシーを作成するなどして準備をします。

1-9.デリバリー代行サービスを選定する

最近では、デリバリーサービス代行サービスを利用する飲食店が多くあります。デリバリーサービス代行サービスの数も、特に増えてきましたので、選定をしっかり行う必要があります。初期登録費用、月額費用、配達手数料などコストもサービスによって変わるため、気になるサービスは複数挙げてよく比較検討しましょう。

1-10.デリバリー代行サービスと契約をする

デリバリー代行サービスが決まったら契約をします。

1-11.料理写真を撮影し、メニューのWebサイトへ掲載する

自社で行う場合には料理写真を撮影して、メニューを作成してWebサイトに掲出します。Webサイトから注文を受ける場合は、その仕組みを整えておく必要があります。デリバリー代行サービスに登録する場合は、料理写真の撮影やWebサイトへの掲載は代行してくれることも多いです。

1-12.サービス開始と宣伝・告知

デリバリーサービスを開始します。注文が入るまで待つことになりますが、あらかじめ宣伝・告知の計画を立てておくと良いでしょう。デリバリー代行サービス業者が代行してくれることもあります。

【関連コラム】
>飲食店がテイクアウト・デリバリーサービスを始めるポイントとは
>テイクアウト・デリバリーサービスを始めるには申請・許可が必要?

まとめ

飲食店がデリバリーサービスを始める流れをご紹介してきました。大まかな流れとなりますが、ぜひ参考にして、デリバリーサービスを成功させましょう。

また、マーケティングに強い、「飲食店向け テイクアウト・デリバリー導入・運用支援サービス」もありますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

テイクアウト・デリバリーを活用した
集客のご提案

JC Connectが提供するテイクアウト・デリバリーと、
非接触型の接客支援パッケージをまとめてご紹介。
各種サービスの料金もご確認いただけます。

テイクアウトデリバ有りーを活用した集客をご提案

資料の主な内容

  • ●会社情報
  • ●出前館をはじめとする、各種テイクアウト・デリバリーのご紹介
  • ●日本国内のキャッシュレス導入割合
  • ●非接触型接客ツールのご紹介
  • ●オリジナルチラシの制作について
  • ●掲載条件・料金

お役立ち記事